ナイトブラ かゆい 対処法

ナイトブラを着用してかゆい時の対処法

ナイトブラ,かゆい,対処法

 

ナイトブラを着用してかゆみが出る事もあり、乾燥肌や敏感肌やアトピー肌の人はコットンやシルクの素材で出来ていると化繊よりも良いが中には肌に合わない人もいます。

 

シルクは特に動物性の繊維であるため、アトピー症状が酷い人の中にはシルクアレルギーを起こす人も意外といます。

 

コットンは乾きにくく汗を吸収しやすいが、乾くのに時間がかかってしまいその間に雑菌が繁殖して皮膚に炎症を起こす可能性があります。

 

こまめに取り替えると問題がないが、ナイトブラはそうはいかないです。

 

試着したり触って確かめる事が出来ない場合は、日本アトピー協会が推薦しているものを選ぶと失敗が少ないです。

 

ナイトブラの素材以外でもかゆみが出る事もあり、ナイトブラの縫い目やタグが付いている位置も大切です。

 

肌に少し当たっただけでも、チクチクしてかゆみが出る事もあります。

 

タグが肌に直接当たらないように、外側に付いているものや縫い目が肌に触れないように縫製しているものもあり選ぶ時にはそれらにすると良いです。

 

ナイトブラを着用する前には、バスト周辺をしっかりと保湿しておくと肌にバリアが作られて皮膚表面は滑らかになり生地との摩擦が少なくなりかゆみが出にくくなります。

ナイトブラの買い替えの時期とは?

ナイトブラ,かゆい,対処法

 

ナイトブラの買い替えの時期は、ナイトブラの状態や着た時のフィット感等をチェックして買い替えのタイミングを決める方法がベストです。

 

ナイトブラは日中に着るブラジャーとは違い、サイズ展開は大まかであるため少々バストサイズが変わってもナイトブラのサイズが合わなくなる事は少ないです。

 

ナイトブラの機能を発揮するには、ナイトブラのアンダーバストとサイドの部分がしっかりとバストをサポートしているかどうかです。

 

特に寝ている間はバストが脇の方向に動きやすいため、ナイトブラのサイドの部分はしっかりとチェックを行います。

 

ナイトブラを着けた状態で横になり、バストが横に流れている場合は買い替えのタイミングです。

 

アンダーバストの部分も緩くなっているか確認をして、緩くなってくると生地が波打ってきます。

 

これも緩くなっているサインであるため、注意をします。

 

またナイトブラを着用し始めた時は大丈夫であっても、朝起きたらズレている場合もあります。

 

この時も、買い替えのタイミングになります。

 

ナイトブラの役目をしっかりと把握して、寝ている間のバストの形をキープ出来なくなったら買い替えの時期になります。

 

そのまま着ていても、美しいバストが作れなくなります。

ナイトブラのサイズの選び方

ナイトブラ,かゆい,対処法

 

ナイトブラのサイズが小さいと、ノンワイヤーのブラジャーを選んでも身体が締め付けられてしまいます。

 

こうなってしまうと、昼用のブラジャーを着用した時のように血行不良やストレスを引き起こしてしまいます。

 

反対にサイズが大きいと、ブラジャーで脂肪が流れるのを防ぐ事が出来ないで胸の形を綺麗に保つ事が出来ないです。

 

胸の形を崩れてしまい、折角ナイトブラを着用していてもノーブラの時と同じ結果になってしまう可能性があります。

 

ナイトブラは昼用のブラのようにC75等という表記ではなく、S・M・Lという表記になっている事が多いです。

 

それぞれの下着のホームページにサイズの詳細が紹介されているため、それを見て普段着用しているブラジャーのサイズに合わせて購入をするのが大切です。

 

実際に店舗に出向いて試着をしてからサイズを確かめるのが最もいい方法であるが、近くに店舗がない理由等で出向けない場合もサイズの詳細をきちんと確かめてから購入をします。

 

自分のサイズに合ったナイトブラを選ぶのは、意外と難しいです。

 

サイズを意識して、小さくなく大き過ぎない丁度良いサイズを選ぶとナイトブラの効果を得られます。

 

自分の胸のサイズをきちんと測って、それに合ったサイズを選びます。

かぐやナイトブラのご購入はこちら!トップページへつるつるな貧乳がコンプレックスの方、綺麗な美乳を目指したい方は、トップページでかぐやナイトブラの詳細をチェックしてみてください。